UNIVERSAL CENTURY GENERATION » ロックロック in 泉大津
2006/09/02

ロックロック in 泉大津

ロックロック

ロックロックこんにちは!
Ver.10 パイレーツ・オブ・10リビアン 夜銃

水曜日に引き続いてのロックロック、
泉大津フェニックスに行ってきました。

本日、晴天ナリ。

水曜日のZeppも楽しかったですが、
太陽の下、今日の方が、なんか夏フェスっぽい。笑

出演:真心ブラザーズ/吉井和哉/ジェイク・シマブクロ/レミオロメン/KREVA/Mr.Children/奥田民生/SPITZ(ゲスト:PUFFY)
ナビゲーター/越前屋 俵太

今日は出演者がすごいね。
スピッツに、ミスチル、
それに、真心ブラザーズ!
僕の青春時代って言ったら大袈裟だけど、
学生時代に聴きまくっていたアーティストばかり。

スタートは、真心ブラザーズ、
さっそくスタンディングエリアに突入して、
盛り上がりました。
太陽の下での、
「空にまいあがれ」や、「ENDLESS SUMMER NUDE」等々、もう最高♪
イントロだけで、すぐに分かるし、
一緒に口ずさめる曲ばかり♪
結構好きで聴きまくっていた真心なんですが、
ライブで見るのは初めて。
やばい。めちゃカッコイイね。感動。
最高のスタートでフェスになりました。

吉井さんから、レミオロメンまでは芝生の上で、
ゆっくり聴いてましたが、
最後のスピッツで前列を確保するために、
KREVAで、またスタンディングエリアに突入。

そしたら、
なんと、KREVAのゲストでスピッツ登場。
KREVAとの共演で「メモリーズ」「チェリー」を、
ラップVerでやってくれました。
いきなりのスピッツ登場で、
会場はすごいことになってました。

ミスチルは、
やっぱ、すごいなと。
出てくるだけで、大歓声。
後ろの方から押し潰されそうになったけど、楽しかった。
「未来」とかも良かったけど、
「イノセントワールド」がイントロが流れた時は、
なんか身震いした。
曲に合わせて、
会場中のお客さんが一緒に歌っていたのが良かった。

ミスチルのあとは奥田民生。
ミスチルと、スピッツの間に俺が入るのは、
どっちもセットが大掛かりで、
転換に時間がかかるから、場の繋ぎだって言っていたけど、
いやいや、この2大アーティストの間を、
一人で、ギター一本で繋げることができる男は、この人だけだと思った。
あの独特の脱力感、素晴らしいよ。
ユニコーン時代の「雪が降る町」「働く男」とかもやってくれた。
この曲知ってる?知ってる?って言いながら歌っていたのが、面白かった。

で、最後は、スピッツ。
この段階で、ほぼ最前にまで突入成功。
田村ポジション確保。
いやぁ、今日も動きまくってました。
目の前で、動きまくってくれました。田村さん。
てか、スタッフも大変だなぁって思った。
何回かコード抜けてたし。笑
それに合わせるように、
僕もかなり、はっちゃけてました。
すっかり田村ファンになってもうたよ。
ついこの前まで、名前もちゃんと覚えてなかったくらいなのに。

前回にはなかった「空も飛べるはず」をやってくれました。
ミスチル同様、この曲でも会場中が歌ってました。
やっぱ、感動しましたね。

あ、そうそう、
今回も、最後、
近くにドラムのスティックが飛んできてくれました。
やった!2本目!!と思ったんですが、
ちょっ位置がずれてた。ゲットならず。
やはり、前回は、ホント運が良かったんだなと。

いやぁ、
それにしても、
初めての夏フェス参加でしたが、
こんなに楽しいものとは。
出演者がすごかったってのもあるけど、
空の下、程よい風に吹かれながらの、
あの雰囲気が良い感じ。

最後は、
何発も花火が打ち上がりました。
今年は、スカイマークでしか花火を見てなかったから嬉しかったなぁ。
感動です。

そんな感じで、すごく楽しい、充実した1日でした。
来年は、またなんか野外の夏フェスに参加してみたいなと。




コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

 

powered by WordPress